FC2ブログ

天極堂の葛商品ー紹介記事

天極堂や天極堂の葛を使った商品がメディアに取り上げられた時の記事を集めました。

2018年10月13日の奈良新聞で『天極葛乳酸菌』を取材いただきました。

2018年10月13日の奈良新聞で『天極葛乳酸菌』を取材いただきました。

20181013天極堂葛乳酸菌奈良新聞

日本初 吉野葛から乳酸菌分離

豆乳混ぜるとヨーグルトに
来年1月発売へ

共同研究を行っていた県産業振興総合センターと、吉野本葛製造販売などの井上天極堂は、県内の吉野葛の根から植物性乳酸菌を分離することに成功した。関係者によれば、この分離は日本で初めてで、同菌から豆乳ヨーグルトのもとになる乳酸菌粉末「ヨーグルトスターター」を商品化して食品店で発表。来年一月から同社が発売する予定となっている。

協同研究は、県の伝統植物である吉野葛の認知度向上の取り組みとして実施。葛の根は葛根湯といった漢方薬や葛餅、葛湯など吉野本葛の原料として古くから利用されてきた。

分離した乳酸菌は「葛乳酸菌」と命名。同菌粉末を豆乳に混ぜると、なめらかな食感のヨーグルトを作ることができる。試験管レベルの試験で、抗菌性や免疫を活発にする働きが同菌にあることも確認され、今年一月に特許出願した。

その後、乳酸菌粉末は商品化され、10月3日~5日に東京で開かれた「食品開発展」で発表した。

県と同社は今後も共同研究を続け、同菌の機能性の研究や、牛乳用の乳酸菌粉末の新しい商品を開発する意向。同社品質管理課の担当者は「乳酸菌にはいろいろな可能性があることが分かった。これからも研究を続けたい」と話している。


今後の天極堂の動きに是非ご注目ください!!!
スポンサーサイト
  1. 2018/10/17(水) 11:02:02|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年10月10日産経新聞で葛もち作り体験をご紹介いただきました。

20181010産経新聞キッザニア

 食に関する知識を深めてもらおうと、子供らがさまざまな職業を模擬体験できるテーマパーク「キッザニア甲子園」(西宮市甲子園八番町)で、くず餅作りの体験教室が開かれている。各回45分間で定員6人。14日まで。

 教室では、和菓子屋「井上天極堂(てんぎょくどう)」(奈良県)のスタッフ、川本あづみさん(40)がくずの歴史や江戸時代から続く伝統的な製造方法を説明した後、子供らが実際にくず餅作りに挑戦。くず粉と水をかき混ぜて加熱し、氷水で冷却してくず餅が完成すると、「おいしい」などと話しながら試食した。神戸市東灘区の小学4年、山下八紘さん(10)は「初めて知ることがたくさんあって楽しかった」と笑顔をみせた。

=========================

天極堂では8年前から奈良県内の小学校を対象に葛の出前授業を行ってきましたが、奈良県を飛び出し、キッザニアに来場す関西の子どもたちに対して出前授業をさせていただけ、感謝の気持ちでいっぱいです。
この体験で、吉野本葛の素晴らしさやおいしさを多くの子どもたちに伝えたいと思います。

=========================

葛もち作りをお家で簡単に体験できる手作りキット『ぷるとろくずもち』は通信販売でお買い求めいただけます。

『ぷるとろくずもち』 5食入 1080円
  1. 2018/10/11(木) 15:06:41|
  2. ネット
  3. | コメント:0

2018年9月21日毎日新聞で天極堂の「葛の日」をご紹介いただきました。

2018年9月21日毎日新聞で飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスでの「葛の日」をご紹介いただきました。

毎日新聞(葛の日・飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス)

葛もち作り体験
ソムリエ指導
30日までイベント

1870年創業の老舗葛製造販売会社、井上天極堂(本社・御所市)の「飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス」(桜井市山田)で20日、葛ソムリエによる葛もち作り体験イベントが始まった。30日まで開かれている。

同社は9月20日を「葛の日」としてPRしており、伝統の吉の本葛に触れて味わってもらおうと企画した。

参加者は手作りセットを購入し、葛餅ミックス粉、水を鍋に入れ、火にかけて全体が透明になるまでかき混ぜた。冷水で冷やし固めた後、皿に盛ってきな粉や黒みつをかけて味わった。3人グループで参加した松本美和子さん(川上村)、浅田登貴子さん(高取町)、橋戸知恵さん(橿原市)は「意外と手軽に作れておいしかった。帰って家でも作りたい」と満足そうだった。問い合わせは天極堂テラス(0744-46-5566)


『葛の日』のイベントは飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスはもちろん、天極堂全店舗で開催しています。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

*スタンプラリー(全店舗)
*くじ引き(全店舗)
*くずまん登場(飛鳥テラス限定)
*葛もち作り体験(飛鳥テラス限定)
*期間限定メニュー「葛膳」(本店限定)
*期間限定商品「くずまんセット」販売(全店舗・ネット通販)


詳細はこちらからご覧ください→『葛の日』
  1. 2018/09/28(金) 09:57:47|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年9月20日食品産業新聞で天極堂をご紹介いただきました。

2018年9月20日食品産業新聞で天極堂をご紹介いただきました。

20180920食品産業新聞(社長・冷凍ペースト)

1870年創業葛の老舗
季節に合わせた野菜ペースト

井上天極堂(奈良県御所市、井ノ上昇吾社長)は、1870年創業の葛の老舗、葛の専門店として葛粉などの和食材、冷凍とろろ、野菜ペーストを製造、販売している。業務用の葛粉、冷凍とろろなどの冷凍食材を製造する部門、奈良県内の6店舗で葛菓子などを販売するリテール部門、の2部門で事業を展開。近年は業務用・野菜ペーストの展開を進めている。「地域の特産品を集めて加工できることがうちの強み」と語る井ノ上社長に話を聞いた。

創業時から吉野本葛の製造を行っており、乾物屋を主要顧客としていた。時代の変化とともに乾物屋が減り、取引していた和菓子屋からまんじゅうの原料に使う奈良県産の大和芋の集荷を依頼されたことをきっかけに、冷凍食材である野菜ペーストを約30年前から製造するようになった。当初は皮付きの大和芋を和菓子屋に販売していたが、要望に合わせて皮をむき、すりおろし、砂糖を入れたところ、現在も主な販路である和食料理店から料理の食材に使いたいとのニーズがあり販売することとなった。今では季節に合わせて枝豆、ジャガイモ、などの野菜ペーストを製造している。

近年はスムージーの原料として飲料メーカーからの引き合いも多く、「スムージーだけでなく、思わぬところに当社の商品が使われている」と井ノ上社長。世界中からおいしく安全な野菜を仕入れており、全国に20拠点ある協力工場で製造している。やまいもとろろ、れんこんなどが人気で、秋には銀杏、冬は海老芋など食材の旬に合わせた人気アイテムをそろえている。

「山の産物を集めることができる『山のネットワーク』を有していることが、当社の一番の特長」で、「産地を限定した枝豆やレンコンのペーストを作ってほしいなどといった依頼が非常に多い。」という。

山のネットワークは二本だけでなく、中国、ベトナムに広がっており、「集めた山の産物を使ってたくさんの種類を小ロットで加工できる」強みがある。リテール部門では、葛湯だけでなく吉野本葛で焼き上げたグルテンフリーのロールケーキ「くずの子ロール」コラーゲンなどの機能性をプラスしたカップ入り葛湯「クデュウー」などオリジナル商品を販売している。

今後は、「葛を使った機能性商品を広めていきたい」と話す。また、市場が求める安心安全をより確保するため本社工場のリニューアルも計画している。



天極堂の公式サイトはこちら
天極堂公式サイト

吉野本葛天極堂の小売商品は、ネット通販でも販売しております。
天極堂オンラインストア

天極堂の業務用商品は、小ロットからネット通販でも販売しております。
天極堂プロショップ
  1. 2018/09/28(金) 09:48:56|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年9月17日の食品産業新聞でくずの子ロール(栗あずき)と秋限定葛湯をご紹介いただきました。

2018年9月17日の食品産業新聞でくずの子ロール(栗あずき)と秋限定葛湯をご紹介いただきました。

20180917食品産業新聞(くずの子ロール・秋限定マロン葛湯と紫いも葛湯)

秋冬限定の「葛湯」販売
天極堂
グルテンフリーの「くずの子ロール」

葛粉などの和食材、冷凍とろろ、野菜ペーストなどを製造・販売する井上天極堂(奈良県御所市、井ノ上昇吾社長)はこのほど、秋冬シーズン限定の「紫いも葛湯」と「マロン葛湯」、数量限定の「くずの子ロール(栗あずき)」の販売を奈良県内の天極堂店舗で開始した。

「葛湯」=少量の水を入れてかき混ぜた後、お湯を注ぎ電子レンジで約20秒加熱するだけで手軽に作ることができる。本葛を多く含んでおり、なめらかさととろみが感じられる。
「葛屋」が作った本格的な葛湯として、アヤムラサキをパウダー状にした鮮やかな紫色が特徴の「紫いも葛湯」、マロンの華やかな香りが感じられる「マロン葛湯」の2品を開発。女性を主なターゲットとしており、ティータイム、ごはんの代用、冷え性対策などの利用がおすすめ。いずれも3食入り税込389円、5食入り648円、1kg入り2160円を揃えている。天極堂全店で販売。

「くずの子ロール(栗あずき)」=小麦粉・ベーキングパウダーを使用せず、吉野本葛100%使用してふんわりと焼き上げたグルテンフリーのロールケーキ。宇治抹茶のスポンジ生地でクリーム、栗の甘露煮、十勝産小豆を使用した小倉あんを包んでいる。1本1890円。

それぞれ通信販売でもご購入いただけます。

【紫いも葛湯 3食入り】
【紫いも葛湯 5食入り】
【紫いも葛湯 1kg入り】
【マロン葛湯 3食入り】
【マロン葛湯 5食入り】
【マロン葛湯 1kg入り】
【くずの子ロール(栗あずき)】
  1. 2018/09/28(金) 09:29:57|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年9月20日NHKで『葛の日』をご紹介いただきました

2018年9月20日NHKで『葛の日』をご紹介いただきました!

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス12

9月20日は『葛の日』です。
天極堂では21年前から葛粉(吉野本葛)を伝える日、またお客様に感謝を伝える日として様々なイベントを行ってい参りました。

今回はNHKさんが葛の日の取材で、飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスから生中継をしてくださいました!!!

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス13

まず、葛きりの試食。
作り立てのくずきりは透明感とつるりとしたのどごしを味わっていただけます。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス11

そして、葛粉の原料となる葛の根が「葛根」という漢方薬として利用されていること。葛の根のでんぷんが葛粉になることを伝えていただきました。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス10

飛鳥彩瑠璃の丘天極堂の階段が葛のつるをモチーフにしていることを伝えながら2階へ。
2階では葛ソムリエの川本が葛もちを作っています。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス9

葛の日WEEKの期間中、飛鳥彩瑠璃の丘天極堂では誰でも葛もち作りを行うことができます。
簡単に作れておいしい葛もちを、ぜひ家庭でも作っていただきたいということで、9月30日までの期間限定でのイベントです。

今日はリポーターの青木さんが葛もち作りにチャレンジ。

まず、お鍋に葛粉と砂糖、お水を入れて良く溶かしたら、火にかけて良く混ぜます。
水と熱を加えることで葛が糊化し、もっちりとした弾力のある透明のお餅になるのです。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス8

葛もちをご試食いただきました。

くずきりとはまた違った、とろーりとした食べ心地です。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス7

天極堂では奈良県内の小学校を中心に出前授業を行っており、奈良の伝統産業である吉野本葛に見て、触れて、味わっていただく活動を行っていることもご紹介いただきました。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス6

そして、伝統的な和菓子だけでなく、こんなメニューもありますよということも紹介していただきました。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス5

葛うどん(吉野うどん)は、葛粉を練り込んだうどんに、葛でとろみをつけたお出汁(葛あん)をかけていただきます。
冷めにくく、食べた後も身体の芯から温まります。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス4

くずの子ロールは小麦粉を一切使用せず葛粉だけで焼き上げたロールケーキ。
小麦アレルギーの方も安心して食べられるグルテンフリーの洋菓子です。
今は秋限定のくずの子ロール(栗あずき)も販売しています!

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス3

葛プリン・葛ブリュレセットは、とろーりやわらかい葛もちとは違い、もちっ、ぷるんとした弾力を味わえます。

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス2

飛鳥彩瑠璃の丘天極堂での葛もち作り体験は9月30日(日)まで毎日行っております。
ぜひ葛もちを作りに来てください!

20180920NHK『葛の日』飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラス1

他にも葛の日WEEKは、天極堂各店舗でイベントがたくさん。

◆豪華景品のあたる、くじ引き
◆回れば回るほど商品が豪華になる、スタンプラリー
◆奈良本店で期間限定のメニュー、葛膳
◆飛鳥彩瑠璃の丘天極堂に、くずまん登場


皆様のお越しを心よりお待ちしております!
  1. 2018/09/21(金) 11:54:29|
  2. TV放送
  3. | コメント:0

2018年9月6日産経新聞で『くずの子ロール栗あずき』ご紹介いただきました!

2018年9月6日産経新聞で天極堂の秋の限定商品、『くずの子ロール栗あずき』ご紹介いただきました!

20180906産経新聞くずの子ロール栗あずき天極堂

「くずの子ロール」季節限定
栗あずき味で秋感じて


吉野本葛の老舗「井上天極堂」(御所市)は今月から、人気商品「くずの子ロール」の季節限定商品「栗あずき味」を県内各店で販売している。

くずの子ロールは若い世代に吉野本葛の魅力を知ってもらおうと、平成17年から販売を始めた。生地は吉野本葛100%のグルテンフリーで、柔らかくしっとりとした口当たりが特徴。過去9年で約9万本を売り上げた同社の人気商品だ。

通常はプレーンと抹茶味の2種類だが、毎年9月に秋限定の「栗あずき味」を販売。京都府産の意志臼挽きの宇治抹茶を使用した生地と、栗の甘露煮にあずきを合わせたあんが絶妙にマッチしている。

今年は限定500本を販売。同社経営企画室の川本あづみさんは「今しか味わえない秋の味覚がたっぷり詰まったロールケーキを、ぜひ堪能して欲しい」と話している。

くずの子ロール「栗あずき味」は1本1890円(税込)。奈良本店を除く県内各店で販売している。
問合せは井上天極堂。0120-77-4192

くずの子ロール「栗あずき味」は通信販売でも取り扱っております。→くずの子ロール「栗あずき味」



写真は取材時にインターンシップで広報を学んでいた矢野さんです。
素敵な笑顔で、くずの子ロールが一層おいしそうに映っています。
ご協力いただきありがとうございました。
矢野さんの今後のご活躍を祈念しております!

【余談】
くずの子ロールは開発当時から弊社のパティシエである製造部の岩﨑君が一人で作り続けています。小麦粉を使用しないだけでなく、膨張剤も使用しないくずの子ロールは、混ぜ方や生地の流し方、焼くタイミングや焼き時間など、細かい注意を怠るだけで膨らまなくなってしまいます。プレーンの生地でも難しい作業の上、抹茶が入るとさらに難易度が上がります。
丁寧に一本一本手作業で焼くからこそ出せる味はまさに職人技だと思います。
皆様に吉野本葛の新しい可能性を知ってもらいたいという気持ちから生まれたくずの子ロールは、今では小麦アレルギーの方やグルテンフリーの関心のある方へと広がりを見せ、若い世代と吉野本葛を結びつける商品へと発展しています。まだお召し上がりではない方はぜひ吉野本葛100%のロールケーキを食べてみてください。https://www.kudzu.jp/SHOP/T0033.html
  1. 2018/09/07(金) 09:02:57|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年8月31日放送「ゆうドキッ!」にて出前授業の様子をご紹介いただきました。

2018年8月22日に大和高田市にある市民交流センターのキッズルームで出前授業を行った様子を、
奈良テレビ放送「ゆうドキッ!」でご紹介いただきました。

出前高田


出前授業を受けてくれたのは、0〜3歳児程のお子様と親御さん。
いつもの出前授業は小学校が多いのですが、今回はまだまだ小さなお子様ということで保育園用に作った
「おおきなくず」の紙芝居を披露しました。

出前紙芝居


紙芝居の後はいよいよ葛餅作り!順番でお子様と親御さんが葛もち作り体験を少しずつされました。
みなさん、葛もちが液体からかたまりになっていく様子を実際に見られて「すごーい!」と
感動されている様子でこちらもすごく嬉しかったです。

出前高田市3

出前高田市4


その後は出来立ての葛もちを皆で試食!
小さい子にとっては初めての食感・味だったかもしれなかったのですが、笑顔で完食してくれた子たちも
何人もいて、葛はこんなに小さい子も喜ばせることができる素敵な食材だと改めて感じました。

この味をしっかり覚えてもう少し大きくなった頃にいつかもう一度葛もちを作って、
美味しさを皆んなに伝えていってくれると嬉しいです。
  1. 2018/09/03(月) 13:47:23|
  2. TV放送
  3. | コメント:0

2018年8月1日放送 奈良テレビ「ゆうドキッ」で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました

2018年8月1日放送 奈良テレビ「ゆうドキッ」で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました。




暑い日が続いていると、冷たい食べ物が欲しいですね。
天極堂奈良本店の夏の定番といえば葛きりや外側を少し冷やした葛もちですが、この夏はしっかりと冷やした『冷やし葛もち』が出来上がりました。
葛は冷やすと劣化が始まり白く濁ってかたくなりますが、お砂糖の種類や量を調節することで、中までしっかりと冷やした葛もちができあがりました。

おいしく食べられる期間は、わずか10分!

お店でしか食べられない、つるりとした食感の『冷やし葛もち』は夏季限定メニューです。

奈良本店の他、JR奈良駅店、飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスでも提供していますので、是非食べてみてください!
  1. 2018/08/17(金) 17:09:30|
  2. TV放送
  3. | コメント:0

2018年8月7日の産経新聞で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました

2018年8月7日の産経新聞で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました

201808産経新聞500

賞味期限10分 冷やし葛もち

吉野本葛のスイーツ

冷たい水の中にとろりと漂う葛きりや葛もちは、水や氷と見分けがつかないほど澄んでいる。
これら吉野本葛を使ったスイーツを一口食べると、奈良らしく優しい涼を感じられる。

山野に自生している葛の根をすり潰し、水と混ぜて根に含まれているでんぷんをもみ出す。さらに、伝統の吉野晒と呼ばれる寒水にさらす作業を繰り返せば、吉野本葛の完成だ。1キロの葛の根から精製できる吉野本葛はわずか100gあまりしかない。

葛が菓子の材料として格別に知られるようになったのは江戸初期にさかのぼる。寛永年間に刊行された「料理物語」には葛もちをはじめ葛を使った菓子が登場しているという。

1870年の創業以来、吉野本葛を作り続けている老舗「井上天極堂」(本社・御所市)では今の時期、葛きりや葛餅といって昔ながらの甘味が人気を集めている。

吉野本葛の歴史や製法の専門知識を有し、その魅力を伝える役割を担う「葛ソムリエ」。同資格を持つ同社経営企画室主任の岡本富美子さんは「葛粉は体に優しい食べ物。葛のでんぷんで栄養を補給でき、夏場で疲れた方にも最適です。」と話す。
  1. 2018/08/09(木) 12:36:16|
  2. 新聞
  3. | コメント:0
次のページ

最近の紹介記事

カテゴリー

吉野本葛 天極堂

創業140余年の吉野本葛の老舗、天極堂(てんぎょくどう)へようこそ。天と地の恵みへの感謝の気持ちを忘れず、皆様に美味しい葛をお届けしたい、と伝統の「吉野晒し」の技法を守り続けています。
ここでは天極堂や、天極堂の葛商品がメディアに取り上げられた時の記事を紹介します。

リンク集

検索