FC2ブログ

天極堂の葛商品ー紹介記事

天極堂や天極堂の葛を使った商品がメディアに取り上げられた時の記事を集めました。

2020年5月9日 veggy 葛研究所(タブレット)をご紹介いただきました。

2020年5月9日 veggy 葛研究所(タブレット)をご紹介いただきました。

20200509ベジー表紙

日本の食文化を支えてきた伝統食材「葛」
古来から私たちの健康を育む秘密に迫る

日本における食文化の歴史を支えてきた伝統的な食材である「葛」。
体に良いすぐれた葛を用いて、現代に求められるものへアップデートすることで様々な商品が生まれています。
今号では、知られざる葛のパワーと、そこから生まれた万能アイテムについてご紹介します。

20200509 ベジー葛粉

和の伝統食材「葛」
聖地で知られる「吉野本葛」


 葛餅や葛切りなどの和菓子に使用されたり、体を温める葛湯として飲んだり、最も親しまれている漢方薬である「葛根湯」の」原料としても珍重されたり。昔から、「葛」という食材は日本人の生活には欠かせない存在であり続けてきました。現代では海を越え、日本語そのままで英語でも「kudzu」と呼ばれているくらいにせかいで定着しています。

 そんな葛の聖地は今も昔も奈良県であり、「吉野本葛」はその代名詞的存在です。葛は料理にとろみをつけるために利用されますが、煮物に使ったものは「吉野煮」、吸い物の場合は「吉野仕立て」など、名前に「吉野」という単語がつくくらいに深い結ぶつきがあります。

 そんな吉野の地で1854年に創業され、140年以上の歴史を誇る「井上天極堂」は、昔ながらの製法を守りながら時代に応じてアップデートする葛製品を作り続けています。葛の根を掘る職人も少なくなっている現在、”天の恵みを極める”という想いで命名された社名のそのままに、自然の恵みを受け取り、昔と変わらぬ製法を守り続けることを使命としています。

20200509ベジー葛研究所タブレット

植物性乳酸菌が免疫力をささえる
葛のパワーから生まれたタブレット


現代を生きるうえで大切なこと
それは、乳酸菌で免疫力を高めるということ


 新型コロナウイルスの感染に伴い、誰もが気になっていることの一つが「自分に免疫力を高めるということ」ではないでしょうか。免疫力の著しい低下は、感染症やアレルギーなどを発症するリスクが高まるため、それこそが私たちにできる対策であるのです。

 そのためには「腸内環境(腸内フローラ)の整備」が大切であり、乳酸菌はそれに欠かせないものです。葛を作り続けてきた井上天極堂は、長年研究を重ねてきた結果、免疫細胞の活性化に必要な「サイトカイン」の産生を促す作用が高い葛由来の乳酸菌の開発に日本で始めて成功したのです。

 そしてこの葛由来の乳酸菌は、腸管免疫を介して直接作用する「バイオジェニックス」に分類されるものです。腸内フローラの改善だけにとどまらない生体機能活性をもたらす特徴を有していることがわかっています。さらに、新型コロナウイルスの流行にともない、場所を選ばず手軽に摂れるタブレットタイプの商品化を急ぎ、実現させました。この一粒は、きっと自分自身の守るチカラを高めるために役立ってくれるはずです。


葛研究所「タブレット」は天極堂のオンラインショップでもお買い求めいただけます。

葛乳酸菌タブレット30粒 1500円+税
スポンサーサイト



  1. 2020/05/12(火) 14:04:57|
  2. 雑誌
  3. | コメント:0

2020年4月20日 産経新聞で天極堂の葛研究所タブレットをご紹介いただきました

2020年4月20日 産経新聞で天極堂の葛研究所タブレットをご紹介いただきました

産経新聞4月20日葛研究所タブレット

【近畿の活力企業】葛乳酸菌を飲みやすく 老舗の挑戦

新型コロナウイルスの感染拡大により、奈良県内でもその不安感が日ごとに増している。その一方で、風邪やインフルエンザの流行はあまり聞かれなくなった。その背景には、手洗い、アルコール消毒、うがいの徹底といった衛生意識の高まりに加え、体の免疫を高めるような食品・飲料への関心が高まっていることがあるようだ。

こうした中、乳酸菌は体の免疫を高めると広く知られ、受験シーズンには乳酸菌飲料が大人気だったという。この乳酸菌に目を付けたのが、明治3年創業で150年の歴史を有する奈良県御所市の「井上天極堂」だ。

奈良県吉野地方特産の葛を精製する「吉野本葛」を製造し全国に販路を築いている同社は、免疫を活性化させる免疫賦活作用を持つ「天極葛乳酸菌」を平成29年に開発。昨年6月、天極葛乳酸菌を配合した葛湯「乳酸菌葛湯」を商品化した。

もともとは別の研究課題の試験中に、高い免疫賦活作用を示した乳酸菌が発見されたことから、乳酸菌の研究開発に取り組むことになった。葛の植物性乳酸菌を摂取できる天極葛乳酸菌は、中部大学で行ったインフルエンザ感染試験で、少量の摂取でも免疫賦活作用があることが確認できたという。

同社は、天極葛乳酸菌を手軽に摂取できるようにとゼリータイプの商品化を検討中。保育園を対象にしたモニター調査で、天極葛乳酸菌を配合したゼリーを継続して食べた園児のインフルエンザなどウイルス性感染症の罹患率(4.8%)は、地域の保育園児平均(48.2%)より大幅に低かったという。

また、天極葛乳酸菌を直径約5ミリの粒状にした「葛研究所『タブレット』」の販売をこのほど始めた。昨今の新型コロナウイルス流行を受け、全世代の男女が場所を選ばず手軽に摂取できるようにした。

同社の開発担当者、藤野布久代さんは「古くから葛の根は葛根湯や葛湯など人々の健康を支えてきた。受け継がれてきた葛に秘められた力を解明することで未来へつないでいきたい」と話している。

老舗企業が発信する、従来製品から派生した健康分野の商材の今後に期待したい。

葛乳酸菌タブレット葛研究所HPへ
  1. 2020/04/20(月) 13:25:47|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2020年4月16日毎日新聞で天極堂の「葛研究所(タブレット)」をご紹介いただきました

20200416毎日新聞葛研究所タブレット乳酸菌サプリメント

健康増進に1日1粒
天極堂 葛乳酸菌タブレット発売


葛の老舗「井上天極堂」(御所市)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、健康増進に役立ててもらおうと、同社が開発した葛由来の植物性乳酸菌を原料としたタブレットを商品化した。「未知のものに対し、じっとするより何かしたかった」との同社の思いが込められている。

この乳酸菌は「天極葛乳酸菌」と名付けられ、2019年に「乳酸菌葛湯」を商品化した。同社によると、菌には体に有用な作用があることが複数の研究結果で確認されているといい、ゼリータイプなどの商品化を進めていた。その最中に直面したのが新型コロナウイルスの感染拡大。健康増進の一助になればと、天極葛乳酸菌を原料とし、手軽にとれるタブレットの製造を地元の製薬会社に委託、1カ月足らずで商品化にこぎつけた。「葛研究所」と名付け、キャッチコピーは「子どもから大人まで全世代のまもるチカラを高める」とした。

成型用の素材にあえて自社製の吉野本葛を配合。それでも1粒あたり50円に抑え、同社の葛ソムリエの川本あづみさん(42)は「毎日続けられ、出掛けざるを得ない時のお守り代わりと思ってもらえたら」と話す。

1日1粒として1カ月分(30粒)1500円(税別)。
天極堂店舗と同社オンラインショップで販売中。
問い合わせは0120-77-4192.

葛乳酸菌タブレット葛研究所HPへ
続きを読む
  1. 2020/04/16(木) 15:38:22|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2020年3月21日毎日新聞で「ぷるぷる葛ゼリー」をご紹介いただきました

2020年3月21日毎日新聞で「ぷるぷる葛ゼリー」をご紹介いただきました

20200321毎日新聞500

六条小児童考案 葛ゼリーを販売
井上天極堂

葛老舗・井上天極堂のJR奈良駅店は20日、堂市立六条小学校6年生が考案した吉野本葛のスイーツ「プルプル葛ゼリー」を22日までの限定メニューとして販売を始めた。1個350円(税抜き)、1日限定30個。

2019年9月に吉野本葛について天極堂の出前授業を受けたことを契機に同小6年生が学習を重ね、その成果を20年2月にしないで開かれた「世界遺産学習全国サミットinなら」でポスター発表。その際、女子児童による奈良特産のイチゴ「古都華」を使った葛ゼリーのアイデアを基に、メニュー化の話が持ち上がった。

この日の卒業式後に考案した二人が店を訪れ、試食した。北川華野さんは「葛が奈良でできたものだから、全部奈良のものでいこうと考えた。すごくおいしかった」、中村莉子さんは「自分が考えたものをプロの人に作ってもらえるのはうれしい。いい体験になった」と喜んでいた。
  1. 2020/03/23(月) 10:47:23|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2020年3月21日奈良新聞で「ぷるぷる葛ゼリー」をご紹介いただきました

2020年3月21日奈良新聞で「ぷるぷる葛ゼリー」をご紹介いただきました

20200321奈良新聞

六条小6年が考案「プルプル葛ゼリー」

吉野本葛を伝える井上天極堂は20日、奈良市六条小学校の6年生3人が考案したメニュー「プルプル葛ゼリー」の販売を、奈良市三条本町のJR奈良駅店で始めた。22日まで。

昨年9月に動向で行った出前授業がきっかけ。児童らはその後も葛について勉強し、奈良を元気にするメニューとして葛ゼリーを考案した。2月の「世界遺産学習全国サミットinなら」で動向の取り組みを六条小学校と天極堂の両者で発表、児童らのアイデアに着目した天極堂が商品化した。

「プルプル葛ゼリー」は葛ゼリーの中に5㎜角の葛もちが散りばめられ、県産イチゴの「古都華」が甘さを引き立てる。異なる葛の食感も魅力。JR奈良駅店で1日30個限定、税込み385円で販売される。

この日は天極堂で感謝状の贈呈式があり、考案した児童3人のうち、出席した北川華野さんと中村莉子さんに井ノ上社長から感謝状が手渡された。

北川さんは「葛の良さを出せるように考えた。甘酸っぱくておいしかった」、中村さんは「商品になり感動。良い経験になった」と喜んでいた。
  1. 2020/03/23(月) 10:41:50|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2020年3月20日奈良テレビで天極堂と小学生とのコラボメニューをご紹介いただきました

2020年3月20日奈良テレビのゆうドキッ!でで天極堂と小学生とのコラボメニューをご紹介いただきました。

202003209奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

天極堂では2012年から葛の出前授業を行っています。
2019年度もたくさんの小学校にお邪魔したのですが、その中でも六条小学校では天極堂が行う葛の出前授業だけでなく、学校給食、国語化の授業、総合的な学習などを通じて奈良県の産業として吉野本葛について学び続けてくださいました。

202003208奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

それを、2月に行われた「世界遺産学習」のポスターセッションの中で発表していただき、そのときに子どもたちが奈良の産業である吉野本葛とイチゴ【古都華】を使用したゼリーを考えてくれていることを知りました。

202003207奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

とにかく学校側の取り組みが嬉しく、子どもたちのアイデアも素敵だということで、さっそく天極堂でメニュー化を検討しました。
イチゴ【古都華】の他にも奈良名産のデコポンや柿も書いてくれており、3つで980円という値付けまでしてくれていたのですが、今の季節に合わせてイチゴ【古都華】をメニュー化することになりました。

202003206奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

3月20日は六条小学校での卒業式。
メニューを考えてくれた子どもたちが、卒業式の後でご家族の皆さんや先生方と一緒に駆けつけてくれました。

天極堂の井ノ上社長からは奈良を盛り上げるお菓子「ぷるぷる葛ゼリー」を考えてくれた子どもたちに感謝状を贈呈させていただきました。

202003205奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

当日はお二人だけでしたが、本当は3人で考えてくださったそうです。
北川さん、中村さん、ほうさん、ありがとうございます!!!

202003204奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

また、卒業式直後のお忙しい中駆けつけてくださった校長先生、担任の先生、家庭科の先生。
テレビには映っておりませんが、ご家族の皆さんも本当にありがとうございました。

202003203奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

「葛が奈良でできたものなので(材料も)全部奈良のものにしました」

202003202奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

「自分が企画したものをプロに作ってもらえてすごく嬉しいです」

と、コメントをいただきました。

実はこのイラストをメニュー化してくれた品質管理課の藤野も同席しており、「子どもたちが喜んでくれたことが嬉しい」ということでした。

202003201奈良テレビ期間限定メニューいちごゼリー

観光客が減少している状況のため、数量限定、期間限定での販売となりましたが、3連休中人気のメニューとなり、「ぷるぷる葛ゼリー」は完売することが出来ました。

子どももお店もお客様も、みんなが楽しく、みんながわくわくするような企画を今後も考えて生きたいと、私自身もとても力をいただきました。
皆様、本当にありがとうございました!!!
  1. 2020/03/23(月) 10:04:55|
  2. TV放送
  3. | コメント:0

「こんな会社で働きたい 奈良編」で井上天極堂をご紹介いただきました

「こんな会社で働きたい 奈良編」 奈良の優良企業を多数紹介!

202003こんな会社で働きたい奈良編

奈良県への就職希望者必読!!

歴史が息づき悠久の時が流れる奈良で、伝統を継承しつつ新たな事業を創出し、産業の発展を担う17の注目企業を紹介!

として、井上天極堂をご紹介いただきました。

202003こんな会社で働きたい奈良編 井上天極堂1

株式会社井上天極堂
伝統製法を守りながら、吉野本葛の魅力を後世に伝え続ける

株式会社井上天極堂といえば、奈良のお土産物屋さんで必ずと言っていいほど目にする名前です。
1870(明治3)年の創業以来、吉野本葛の製造を続けており、今や、「吉野本葛の伝道師」ともいうべき大きな役割を果たす貴重な存在となりました。その一方で、創業150年目を迎えようという今でも、「新しいこと」へのチャレンジは続いています。

そんな株式会社井上天極堂を支える、5代目の代表取締役井ノ上昇吾さんを訪ねました。

202003こんな会社で働きたい奈良編 井上天極堂2

「いい会社」とは商品も人もお客様も輝けるステージ

202003こんな会社で働きたい奈良編 井上天極堂3

社員インタビュー「食べてびっくり!奈良にこんなおいしいものがあったんだ!」

202003こんな会社で働きたい奈良編 井上天極堂4

社長との距離が近く、社員同士何でも言い合える社風が魅力

202003こんな会社で働きたい奈良編 井上天極堂5


奈良県からたった17社の枠に天極堂を入れていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいであるとともに、ますます仕事に励み、スタ府からは「天極堂で働けてよかった」、お客様からは「天極堂があってよかった」と思っていただける会社にしていかないといけないなと思いました。

2021年度の採用活動は、コロナウイルスによる合同説明会の中止などがあり、大手の就活サイトに登録をしていない天極堂では大変苦戦を強いられるのですが、この本を読んでいただいた方、この本をお勧めしていただける方の力をお借りして、素敵な出会いがあることを祈っています。

天極堂の会社説明会は3月31日(火)10:00~12:00で御所市戸毛の本社で行います。
少しでも興味のある方はぜひ説明会にご参加ください。

天極堂の採用活動につきましては、HPをご覧ください→天極堂の採用活動
  1. 2020/03/12(木) 15:00:14|
  2. 雑誌
  3. | コメント:0

2020年3月11日大阪万博用のパンフレットで吉野本葛をご紹介いただきました

2025年に開催される大阪万博用のパンフレットで、ならの食として吉野本葛をご紹介いただきました。

20200311大阪万博パンフ

ならの食

奈良は、和食文化の源流をなす地である。
清酒や素麺、お茶、饅頭など、奈良が発祥とされているものは数えきれない。
奈良時代に、遣隋使や遣唐使などを通じて、大陸から文化や食材、食品加工技術などが持ち込まれ、多くの食材がこの地で定着した。また、持ち込まれた新たな技術は、奈良で独自に改良され、日本の食文化の礎となっている。

Nara Prefecture is an area that is the origen of Japanese cuisine.
Countless foods originated in Nara Prefecture, sake, somen noodles, tea, sweet buns.
During the Nara period(710-794), Japanese envoys who traded in China and Japan learned and brought back ingredients and food processing technology.
Many of the ingredients brought back took root in Nara.
Besides, the new food processing technology that was brought to Nara, some were uniquely improved and became a foundation of Japanese cusine.


20200311大阪万博パンフ吉野本葛

吉野本葛

別名「白いダイヤモンド」とも呼ばれる吉野本葛は、奈良県の吉野地方で精製した葛のでんぷんである。なめらかな口あたりで和食や和菓子に使われている。

葛は山野に生えるマメ科の植物で、葛の根は薬用や食用になり、漢方薬でよく使われる葛根湯で知られている。

Yoshino-hon-kuzu

Yoshino-hon-kuzu, also called "White Diamond," is a starch refined from the roots of Kuzu plant in the Yoshino region of Nara Prefecture.
Its smooth taste is used in Japanese food and sweets.
Kuzu is a leguminous plant that grows in the mountains.
Along with being edible, the roots of Kuzu can be used fer medicinal purposes.
It is also known as Kakkonto, which is used often in Chinese medicine.


このような美しいパンフレットで、世界に向けて吉野本葛をご紹介いただき、うれしい気持ちでいっぱいです。

◆吉野本葛は天極堂のオンラインショップでご購入いただけます→吉野本葛
  1. 2020/03/11(水) 16:54:35|
  2. 雑誌
  3. | コメント:0

2020年3月9日悠久の歴史に思いを馳せて。レクサスCTで行く奈良で天極堂奈良本店をご紹介いただきました。

2020年3月9日vol.138 悠久の歴史に思いを馳せて。レクサスCTで行く奈良/天極堂 奈良本店

20200309湖国ドライブガイド1

「平城宮跡歴史公園」は、世界遺産にも登録されている平城宮跡に整備された広大な公園。古代の都を体感できる復原施設をはじめ、平城宮跡の今昔を紹介するガイダンス施設、カフェ・レストランなどがあります。「天極堂・奈良本店」は、奈良の名産品・吉野葛を使った料理が楽しめる専門店。豊かな自然に包まれた美術館「大和文華館」では、奈良の美を堪能しました。

20200309湖国ドライブガイド2

創業150年、吉野本葛の老舗「天極堂」が営む葛料理の専門店。東大寺の西大門跡地に隣接し、四季折々の景観と共に、葛の魅力を最大限に引き出した料理やスイーツが味わえます。なかでも作りたてで提供される葛もちの弾力と透明感は感動もの!葛まんじゅうや葛もちなど、手土産にぴったりな商品も販売されています。

20200309湖国ドライブガイド3

素敵な動画と、たくさんの写真でご紹介いただきました。
ぜひチェックしてください→湖国ドライブガイド138
  1. 2020/03/09(月) 13:23:11|
  2. ネット
  3. | コメント:0

2020年3月「1日乗車券で行くおトクな日帰り旅」で天極堂奈良本店をご紹介いただきました。

2020年3月9日「1日乗車券で行くおトクな日帰り旅 関西版」で天極堂奈良本店の葛もちをご紹介いただきました。

20200309一日乗車券で行く日帰り旅関西版.jpg

1日乗車券で行くおトクな日帰り旅は、おトクに行けてたっぷり遊べる日帰りコースが満載!の1冊です。

天極堂はp37ページ、奈良スイーツでひとやすみの特集コーナーでご紹介いただきました。

20200309一日乗車券で行く日帰り旅奈良スイーツでひとやすみ.jpg

どこもおいしいお店ばかりなので、どこへ行くか迷ってしまいますよね。

20200309一日乗車券で行く日帰り旅天極堂奈良本店.jpg

吉野本葛天極堂奈良本店

御所市旧葛村で吉野本葛を作り続ける、創業150年の歴史を誇る井上天極堂の直営店。四季折々の景色と共に、作りたての葛もち、葛きり、葛まんじゅう、葛うどんなど、葛菓子や葛料理が味わえる。

看板メニューの「葛もち」。作り立てはもちもちで絶品!



と、ご紹介いただきました。

葛もちはもちろんですが、今は春限定のさくら葛湯など、春らしいメニューやお土産も人気です。
  1. 2020/03/09(月) 10:50:10|
  2. 雑誌
  3. | コメント:0
次のページ

最近の紹介記事

カテゴリー

吉野本葛 天極堂

創業140余年の吉野本葛の老舗、天極堂(てんぎょくどう)へようこそ。天と地の恵みへの感謝の気持ちを忘れず、皆様に美味しい葛をお届けしたい、と伝統の「吉野晒し」の技法を守り続けています。
ここでは天極堂や、天極堂の葛商品がメディアに取り上げられた時の記事を紹介します。

リンク集

検索