FC2ブログ

天極堂の葛商品ー紹介記事

天極堂や天極堂の葛を使った商品がメディアに取り上げられた時の記事を集めました。

2018年8月7日の産経新聞で天極堂奈良本店の『冷やし葛きり』をご紹介いただきました

2018年8月7日の産経新聞で天極堂奈良本店の『冷やし葛きり』をご紹介いただきました

201808産経新聞500

賞味期限10分 冷やし葛もち

吉野本葛のスイーツ

冷たい水の中にとろりと漂う葛きりや葛もちは、水や氷と見分けがつかないほど澄んでいる。
これら吉野本葛を使ったスイーツを一口食べると、奈良らしく優しい涼を感じられる。

山野に自生している葛の根をすり潰し、水と混ぜて根に含まれているでんぷんをもみ出す。さらに、伝統の吉野晒と呼ばれる寒水にさらす作業を繰り返せば、吉野本葛の完成だ。1キロの葛の根から精製できる吉野本葛はわずか100gあまりしかない。

葛が菓子の材料として格別に知られるようになったのは江戸初期にさかのぼる。寛永年間に刊行された「料理物語」には葛もちをはじめ葛を使った菓子が登場しているという。

1870年の創業以来、吉野本葛を作り続けている老舗「井上天極堂」(本社・御所市)では今の時期、葛きりや葛餅といって昔ながらの甘味が人気を集めている。

吉野本葛の歴史や製法の専門知識を有し、その魅力を伝える役割を担う「葛ソムリエ」。同資格を持つ同社経営企画室主任の岡本富美子さんは「葛粉は体に優しい食べ物。葛のでんぷんで栄養を補給でき、夏場で疲れた方にも最適です。」と話す。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/09(木) 12:36:16|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年4月11日毎日新聞で天極堂近鉄百貨店奈良店をご紹介いただきました!

2018年4月11日毎日新聞で天極堂近鉄百貨店奈良店をご紹介いただきました!

20180411毎日新聞百貨店

小麦粉入れず 吉野本葛スイーツ

江戸期の製法 洋の味も

創業1870年の葛の老舗「井上天極堂」(本社・御所市)は3月、奈良市の近鉄百貨店の店舗を、小麦粉を使わない葛スイーツの専門店としてリニューアルオープンした。きめが細かくしっとりとした口当たりの葛粉で焼き上げた菓子など、ここでしか買えない商品も並ぶ。

井上天極堂は江戸後期から受け継がれる「吉野晒」という製法で、吉野本葛を作り続けている。約20年前、それまでの卸業から飲食を提供する奈良本店(奈良市)を開店。小学校での出前授業や、葛の専門家を養成する資格制度「葛ソムリエ」を始めたほか、健康や美容を意識した商品開発を心がけるなど活動は多岐にわたる。

改装したばかりの店舗の商品は、葛ソムリエがプロデュース。吉野本葛を使った葛湯葛餅だけでなく、パウンドケーキなどの焼き菓子が並ぶ。葛ソムリエでもある経営企画室の川本あづみさんは「『和』のイメージが強い葛をより広めようと、10年ほど前から洋菓子にも力を入れている」と話す。

県内に計7店舗を展開するが、葛商品を求めて来店する人がほとんど。「葛に関心がない人でも、洋菓子だと手に取りやすいのでは」との思いから葛スイーツに特化した。焼き菓子は小麦粉を使わないので、卵などを泡立てて葛粉と合わせ、すぐに焼かなければならない。家庭の手焼きと変わらないほど手間がかかるらしい。リニューアルに合わせ、ロールケーキさくら味とシフォンケーキの販売を始めた。新しい客も増えているそうだ。

川本さんにおすすめの商品を聞くと、「スポンジにこだわっているので、シフォン。でもパウンドもおいしい…」と、止まらない。シフォンは驚くほどふわふわで、しっとりしたパウンドは手土産にも良さそう。常温で飲める葛湯「クデュウー」は手軽に飲めて、コラーゲンなども配合されている。私も食べるほど、天極堂ファンの一人になりつつある。


とても大きな記事で、写真も大きくご紹介いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
「くずの子シフォン」はお値段が高いですが、食べてもらえれば他との違いが分かっていただけると思います。
小麦粉ではなく、吉野本葛にこだわりぬいた、葛屋の洋菓子、是非食べに来てください!!!


  1. 2018/04/11(水) 11:50:05|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

4月6日の奈良新聞で大阪ガスクッキングスクール様とのコラボレッスンをご紹介いただきました。

4月6日の奈良新聞で大阪ガスクッキングスクール様とのコラボレッスンをご紹介いただきました。

【バウムクーヘン】天極堂コラボ料理教室.jpg

【掲載記事】4/6 奈良新聞 天極堂コラボ料理教室.jpg


吉野本葛(粉末)を使えば、洋菓子だって簡単! しかも、『グルテンフリー』で作れます。

奈良の伝統食材である吉野本葛

今は、美容と健康のために、楽しんで料理する時代になりました♪

  1. 2018/04/10(火) 13:25:23|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2018年4月5日 生協流通新聞で井上天極堂をご紹介いただきました

2018年4月5日 生協流通新聞で井上天極堂をご紹介いただきました!

2018.4.5生協流通新聞(社長)

『葛商品・冷凍とろろ好調 飲む葛湯「クデュウー」強化』

井上天極堂は1870年の創業以来作り続けている「吉野本葛」をはじめ、加工葉、つくね芋、冷凍とろろ、各種野菜ペーストなど多種多様の製菓材料を製造販売。近年は、市販品の開発も強化しており、「葛湯」や「葛もち」「だし入りとろろ」(冷凍)などが、近畿圏の生協を中心に採用されている。商品へのこだわりや生協取り組みの現況、今後の目標などを井ノ上昇吾社長に聞いた。

――事業内容
「約150年前から作り続けている吉野本葛をメインに、柿や笹、柏などの加工葉、つくね芋、冷凍とろろ、各種冷凍野菜ペーストなどを製造販売しているほか、約20年前から自社製品を販売する直営店を奈良県内で運営している(現在7店舗)。
業務商品の売上比率は、葛製品が約4割で、加工葉、野菜ペーストが3割ずつ。和菓子屋や和食屋が主な卸先になるが、皆様がご存知の大手菓子メーカーとも取引している。」

――原料や製法へのこだわり
「山のネットワーク、農家の人達とのネットワークを活かして旬の原料を集め、長年培ってきた経験と知識をもとに多種多様な商品を製造している。
精進料理や和食、和菓子になくてはならない吉野本葛は最高級の料理用でん粉として知られており、葛の根を原料とし澱粉だけを『吉野晒』(奈良・吉野地方独自の製法)で精製したもの。独特の艶ととろみがある。近年は安い澱粉やタピオカ、馬鈴薯澱粉に取って変わられているが、”吉野本葛の良さを後世に伝える”という気概を持って取り組んでいる。
冷凍野菜ペーストや冷凍とろろなどの製造は、2009年に本社工場からHACCP(危害要因分析重要管理点)方式の橿原工場に移転。万全な安全安心対策を計って製造している。

――自社小売品の展開
「現在、会社全体の小売りの売り上げ比率は約10%。直営店以外は奈良コープ産業(天理市)を窓口に展開している。
納入生協は、コープきんきやならコープ、京都生協、生協ひろしま、コープ北陸、コープ九州など。『葛湯』や『葛もち』『だし入りとろろ』などの単品と、『つくね芋』(2・3・4キログラム)や『葛湯20個入り』『同24個入り』などのギフト商品を合わせ、約20品目が宅配で企画されている。
特に、国産のつくね芋とやまと芋を使い、丁寧にすりおろしてだしを合わせた『だし入りとろろ』(50g×5個)は、ならコープと生協ひろしまが月2回企画するなどヒットしており、抹茶・おしるこ・生姜を取り揃えた葛湯の各3個セットも好調」

――今後の提案強化商品
「斬新で画期的な新感覚葛湯『クデュウー』(125g)と『吉野本葛 スタンドパック 固形』(150g)の提案を強化する。
『クデュウー』は熱湯を用意する必要がなく、旅行先や外出先に持ち運べていつでも飲める。吉野本葛煮ヒアルロン酸やコラーゲンペプチド、ビタミンCなど女性にうれしい美容成分をプラスした。
昨秋発売の『リンゴ味』と今春新発売した『ざくろ味』をラインアップしており、リンゴ味がコープきんきの6月の企画で12本入りが3700円(税抜)で販売される。
今後フレーバーを増やす予定で、利便性や美容面を前面に生協での採用を伸ばしていきたい。また同時に、嚥下障害のあるご年配の方も安全においしく飲めるので、おすすめしたい。
吉野本葛固形は、料理のとろみ付や胡麻豆腐、葛もち、葛湯、葛プリンなどに使える純正吉野本葛。使い勝手が良いので、組合員の方にも家庭でお試しいただきたい。モンドセレクションで3年連続金賞受賞商品」

――今後の目標
「こだわりのある商品を作り続け、東日本の生協にも採用いただけるよう、帳合先と連携して提案を強化していきたい。また、料理の素材として家庭にを取り入れてもらえるような環境作り、啓蒙活動にも取り組みたいと思っている。
  1. 2018/04/09(月) 15:42:24|
  2. 新聞
  3. | コメント:0

2017年11月3日の奈良日日新聞で葛ソムリエの川本をご紹介いただきました

2017年11月3日の奈良日日新聞で葛ソムリエの川本をご紹介いただきました。

2017年11月3日の奈良日日新聞で葛ソムリエの川本をご紹介いただきました

奈良県での女性就業率を高め、女性が輝き活躍できる県を目指すということで、『各々の分野で飛躍を目指す若き女性たち』の一人として、「葛も魅力を広めるソムリエ」として葛ソムリエの川本をご紹介いただきました。

吉野本葛をメインに製造販売を行う井上天極堂で、経営企画室係長を務める川本。
葛の魅力をもっと多くの人に知ってもらうために「葛ソムリエ」の資格制度を立ち上げた。
また、県内の小学校を中心に「クズの出前授業」も実施。
社長から「葛の伝道師」とも呼ばれる川本さんは、子ども4人を育てる母親でもある。
これまで4度「育休」で仕事を離れたが、「現場を離れることで新しいアイデアが生まれるし、復帰すると、会社の良い部分と悪い部分が明確に見える」と強調。


いろいろ、書いていただきましたが、女性目線だからこそできることもあると思うので、女性のさらなる活躍を期待しています。
  1. 2017/11/14(火) 17:54:25|
  2. 新聞
  3. | コメント:0
次のページ

最近の紹介記事

カテゴリー

吉野本葛 天極堂

創業140余年の吉野本葛の老舗、天極堂(てんぎょくどう)へようこそ。天と地の恵みへの感謝の気持ちを忘れず、皆様に美味しい葛をお届けしたい、と伝統の「吉野晒し」の技法を守り続けています。
ここでは天極堂や、天極堂の葛商品がメディアに取り上げられた時の記事を紹介します。

リンク集

検索