FC2ブログ

天極堂の葛商品ー紹介記事

天極堂や天極堂の葛を使った商品がメディアに取り上げられた時の記事を集めました。

2018年8月7日の産経新聞で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました

2018年8月7日の産経新聞で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました

201808産経新聞500

賞味期限10分 冷やし葛もち

吉野本葛のスイーツ

冷たい水の中にとろりと漂う葛きりや葛もちは、水や氷と見分けがつかないほど澄んでいる。
これら吉野本葛を使ったスイーツを一口食べると、奈良らしく優しい涼を感じられる。

山野に自生している葛の根をすり潰し、水と混ぜて根に含まれているでんぷんをもみ出す。さらに、伝統の吉野晒と呼ばれる寒水にさらす作業を繰り返せば、吉野本葛の完成だ。1キロの葛の根から精製できる吉野本葛はわずか100gあまりしかない。

葛が菓子の材料として格別に知られるようになったのは江戸初期にさかのぼる。寛永年間に刊行された「料理物語」には葛もちをはじめ葛を使った菓子が登場しているという。

1870年の創業以来、吉野本葛を作り続けている老舗「井上天極堂」(本社・御所市)では今の時期、葛きりや葛餅といって昔ながらの甘味が人気を集めている。

吉野本葛の歴史や製法の専門知識を有し、その魅力を伝える役割を担う「葛ソムリエ」。同資格を持つ同社経営企画室主任の岡本富美子さんは「葛粉は体に優しい食べ物。葛のでんぷんで栄養を補給でき、夏場で疲れた方にも最適です。」と話す。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/09(木) 12:36:16|
  2. 新聞
  3. | コメント:0
<<2018年8月1日放送 奈良テレビ「ゆうドキッ」で天極堂奈良本店の『冷やし葛もち』をご紹介いただきました | ホーム | 2018年8月「GG」にてくずきりあずきりセットをご紹介いただきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の紹介記事

カテゴリー

吉野本葛 天極堂

創業140余年の吉野本葛の老舗、天極堂(てんぎょくどう)へようこそ。天と地の恵みへの感謝の気持ちを忘れず、皆様に美味しい葛をお届けしたい、と伝統の「吉野晒し」の技法を守り続けています。
ここでは天極堂や、天極堂の葛商品がメディアに取り上げられた時の記事を紹介します。

リンク集

検索